HOME成人矯正

成人矯正

矯正歯科

できるだけ負担の少ない矯正をご提案します。

噛み合わせが悪く食べ物をよく噛めない、歯並びがガタガタで見た目にコンプレックスを抱えている、などといった悩みに応えるのが矯正歯科です。
正常でない歯並びや噛み合わせを、矯正装置によってゆっくりと動かし、整えていきます。

噛み合わせの悪さは、よく噛めてないことから食べ物の消化・吸収に影響したり、正しい発音・発生ができないといった問題を引き起こします。
矯正というと子どもの頃からするイメージがあるかもしれませんが、大人ももちろん可能です。
大人の歯は発育途中ではないため、治療プランが立てやすいというメリットもあるのです。

矯正には部分矯正から全体的な矯正まであり、矯正装置もさまざまな種類があります。
仕事上、矯正装置が目立つことに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
最近では表側の装置であっても目立たない矯正治療は十分に可能です。

当院では、最新のストレートワイヤーテクニックも採り入れ、患者さんのご希望をお聞きしながら、肉体的・精神的・金銭的にもできるだけ負担の少ない矯正をご提案します。
なお、お子様の矯正については、小児矯正を行っている小児歯科をご紹介いたします。

矯正の種類について

唇側矯正

歯の表側にブラケット(矯正装置)をつける矯正です。
一般的な金属は目立ちやすいというデメリットがありますが、丈夫でありコストを抑えられます。

セラミックや透明のプラスチック製ブラケットや金属ではないワイヤーもあり、審美性を実現できます。

舌側矯正

歯の裏側にブラケットをつけるため、目立ちにくい矯正です。
慣れるまでは舌が装置にあたる違和感を感じたり、食事や歯磨きがしづらいといったデメリットもあります。

微調整に技術を要し、唇側矯正よりも費用は高くなります。
接客業や人前で話をする機会の多い方にお勧めです。

マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーを使わず、マウスピース型の取り外せる矯正装置を使って歯並びを整えていきます。

透明なプラスチック製で目立ちにくく、取り外せるため食事や歯磨きがしやすいのがメリットです。
逆に取り外しや清掃の手間、歯の症状によっては治療が難しいといったデメリットもあります。